コスト削減のためにうまれたマシンメイドについて知ってみましょう

サイトマップ

シガレットの広がりによる葉巻の衰退と復活

葉巻のマシンメイド

コストを削減する為に手を打つ方法

葉巻のマシンメイドについて、ご説明致します。まず、第一次世界大戦が勃発した際に、ハバナ産の葉巻の 輸出経路の妨げになった事を覚えておきましょう。その時代のアメリカは、自給自足の国だったので、基本的には 葉巻の生産には影響を受けなかったという事も覚えておいてください。ですが、戦争が終わったあとは、 シガレットが普及したので、その生産性と、価値の安さによって1920年頃には葉巻の普及は、著しく下がったと いえます。その時代の人は、どうにか葉巻の生産量を増やし、コストを削減する為に手を打つ方法を考えました。 シガレットの安さと生産性の高さについていかなければ、葉巻産業自体がつぶれかねない、という状況だったからです。

シガー製造機が多くの会社で使用

その際に、人々の目に留まったのは、主がシガレット工場の紙巻きの機械だったといわれています。そして、 1930年頃には、シガー製造機が、とても多くの会社で使用されるようになり、アメリカからヨーロッパへと浸透して いきました。更に、ハバナは第二次世界大戦が開戦されている頃、とても多くの被害を受けてしまいました。 その際には、キューバの1番大きな輸出相手国となっていたイギリスとの取引が行えなくなってしまったのです。

更に、イギリスは、輸入の場所としてジャマイカやカリブの植民地を探していたのですが、良質なものは手に入りに くくなっていました。ですが、ジャマイカでシガーを生産している業者にとっては、とてもいい話となったようです。 テンプルホール、エルカリブといった自分の国のブランドが脚光を浴びている中で、ジャマイカからイギリスへの 輸出の数は増加していくばかりだったのです。

ホモゲナイズドタバコリーフ

ポイント

ですが、反対にアメリカでは、戦争が終わった後、葉巻の価格が上がり始めてしまったのです。最初は、機械の スピードを上げ、生産する量を増やし、どうにか対策を練れる方法がないかと考えていたようですが、外側の煙草葉が 傷つき、良質なものが作れなかったといわれています。ここで、ホモゲナイズドタバコリーフが誕生しました。 これは、煙草の葉っぱをすりつぶし、シート状の巻き紙を作成しました。 始めは、葉巻の新の燃焼部分を包むために使用されるバインダーと呼ばれる場所のみに、使用していたのですが、 だんだんと1番外側を包むラッパーとよばれている外側にも、使用されるようになったのです。

マシンメイドの葉巻を生産する方法を発見
マシンメイド

このような価格で、画期的なホモゲナイズドタバコリーフを使っているマシンでの煙草を作る方法が誕生した事は、 一貫してみると、とても高級品のオールハンドメイドを売りにしているキューバであっても、不安に感じ、 これまで全ての工程を完璧なハンドメイドのみでしか、作っていなかったのですが、この際に煙草の葉を巻く工程を、 機械にすべて任せ、簡単なマシンメイドの葉巻を生産する方法を発見しました。そして、劇的に作り方が変わっ たことによって、ハバナ産の葉巻の価格を向上させ、アメリカで1番有名なものへと進化していったのです。 葉巻は文化の一つとして根付いていますよね。これほどの長い歴史に基づいているのです。

葉巻の初心者の基礎的知識