シガーの歴史に触れてみましょう

サイトマップ

初めはトウモロコシの葉で吸われていたシガーの歴史

喫煙の歴史

トウモロコシの葉っぱに包んで巻いて吸う

喫煙の歴史について、ご説明致します。まず、歴史の始まりについてですが、葉巻に使用されている、ニコチア ナタバクムという物質は、コロンブスがアメリカを発見するよりも前に、発見されていたのではないかと言われて います。その当時、新大陸だったアメリカを発見する際に、原住民族がバナナ種の煙草の葉っぱを生のままねじって 乾燥させ、トウモロコシの葉っぱに包んで巻いて吸っているのを見たことがあります。

今のサイズとは異なり腕くらいの太さ

ですが、トウモロコシの葉を称しているので、葉巻の太さは、今のサイズとは異なり腕くらいの太さがあったのです。 そして、コロンブスと一緒に上陸した水夫ロドリゴは、その葉巻を持ち帰り、公衆の面前で喫煙したのですが、 火気厳禁の場所で喫煙してしまい、3年間の牢屋生活が思惟されてしまったとも言われています。ですが、喫煙の 習慣はポルトガルにも進行し、上流階級にまでも広がりました。

そして、かなりの価値があったので独占しようと考えた偉人によって、300年間もの間、コロンブスで葉巻は とどめられたといわれています。ですが、18世紀にはフランスまで広がったといわれています。そして、日本では キリスト教が浸透した1549年頃に、葉巻が伝わってきたのではないかといわれています。ですが、魚を中心とする 食生活の日本人にとって、シガーとてもなじみにくい物だったようで、刻みタバコによって煙草の喫煙が始まった とも言われています。

改革と広がり

ポイント

シガーの語源について軽くご説明致しますが、メキシコのパレンレケの遺跡に、十字架の神殿と呼ばれている ピラミットの神様の浮き彫りが、口にパイプをくわえ煙を吐き出している図があります。8世紀ごろのものだと いわれています。この時代では、喫煙行為はとても神聖なものであった事が理解出来ます。そして、シガーという 言葉は、マヤ族のSIKARからスペイン語になりCIGARRO、そして英語のCIGARになったといわれています。 そして、驚くべき事実ですが、戦争によって一時期減ってしまったシガリロが誕生したという話です。

世界が大きく変貌すると同時にシガーの世界も大きく変わった
葉巻の贈り物

まず、第一次世界大戦が終わったのち、ヨーロッパへのシガーの輸出が妨げられ、休戦協定が結ばれたのちに、 シガレットが進出し、シガーの普及にとってかなりの大きな打撃となってしまいました。そして、1920年代には、 急激に減ってしまったシガーの機械化によって1930年代に、再び普及される事になったのです。そして、 第二次世界大戦が終わった後、世界が大きく変貌すると同時に、シガーの世界も大きく変わったのです。 キューバ革命が開始され、貿易制裁によってシガーの値段が大きくなり、アメリカでシガーを愛用していた人に とって、キューバのシガーを楽しむことができるようになった期間は短かったのです。アメリカのある大統領が キューバ産のシガーが大好きだったことも有名ですよね。これにより世界第三次対戦が避けられた、と言われているほどなのです。

葉巻の初心者の基礎的知識