葉巻の正しい保存法を覚えてみましょう

サイトマップ

初めての人が覚えておくべき葉巻の保管温度や湿度について

温度と湿度

熟成の為に適した温度や湿度が葉巻にもある

どのような形状の葉巻であっても、温度は18度から20度、湿度は80%から72%で保管しなければなりません。 この温度と湿度さえ守っていれば、何年でも保管が可能な理由はどうしてでしょうか。まず、適切な温湿度を 維持する為には、シガーを熟成しなければなりません。シガーは熟成しなければならないものなのです。例を 挙げれば、ワインと同様です。ワインは、樽や瓶の中で熟成し続けますよね。熟成の為に適した温度や湿度が、 葉巻にもあるというわけです。

保管温度があがってしまった場合

シガーもワイン同様に、熟成に適した温湿度が存在します。この数値が変化した際に、どのような影響があるのか ご説明したします。まず、保管温度があがってしまった場合についてです。例えば、30度以上になってしまったとき。 葉巻にカビが発生してしまいます。白い絹状のカビが発生する事もあるのですが、これは保管する条件が整っている 際に発生してしまう、無害なものなので、発見した際にはハケで取り除けば問題ないのです。

ですが、30度以上の高温で出てきたしまったカビは、アオカビなので、ラッパーから取り除くことは不可能です。 更に、30度以上で葉巻を保管すると、シガーに付着してしまっている虫の卵が孵化してしまう可能性も出てきます。 ヒュミドールを開けた瞬間、または、葉巻を吸っている際中に、虫とこんにちはしてしまう可能性もあります。 このような状況では、いくら高品質のものでも、美味しく味わえるはずがないですよね。

適正な温湿度

ポイント

さて、低温のときはどうでほうか。当然のことですが、シガーの熟成の進行速度が遅くなってしまいます。 高温の場合よりかは、受けるダメージが少ないと考えてよいでしょう。ですが、もしもシガーが凍ってしまう 湿度5度以下で保管してしまうと、シガーの組織自体を破裂させることになってしまうので、気を付けなければ なりません。ですが、5度から15度の間でも保管は可能だと考えてもらって構いません。

高湿で保管したシガーはワイルドなスパイシーに
葉巻をくわえる

その際に注意しなければならないのは、外気との温度差の違いが大きすぎてしまうと、結露となってしまう場合が あるので、こうった際にはシガーストッカーのふたを開けずに、最低でも1時間以上はシーズニングしたのちに、 ふたを開けなければならないということを覚えておいてください。高湿で保管したシガーはワイルドなスパイシーさ がでます。そして、高温の場合は味が無くなってしまいます。なので適切な温室での保存をしなければなりません。 適湿のシガーは、マイルドで香りがよく、とても美味しい物となるでしょう。美味しいシガーを楽しむため、温度には しっかり気を使いましょう。ワインの温度調整はよく聞くと思いますが、シガーにも同じくらいの気配りをしないと せっかくのシガーが台無しなのです。

葉巻の初心者の基礎的知識