鮮度の大事さを理解して葉巻の扱いに慣れてみましょう

サイトマップ

初心者でも見分けやすい葉巻の質と価格について

シガーの質や値段

銘柄を見るよりも鮮度を重視した方がよい

ドライシガーは、銘柄を見るよりも鮮度を重視した方がよいでしょう。値段がとても高いものでも、鮮度がよく なければ安物と何ら変わりはないのです。なので、なるべくお客の多いお店で良く売れているものを購入した方が よいでしょう。更に、ドライシガーは必要に応じ、保温ケースに入れ保管している店舗もあるので、丁寧な扱いを してくれる店舗を探した方がよいでしょう。

ビリガープレミアム

例えば、1本150円という値段を聞けば安物だと感じますが、鮮度が悪い500円ほどの商品と比較すると、150円の葉巻の方が安いのに、500円の物より美味しいのです。 この鮮度の点を踏まえ、少しランクが高い葉巻を楽しみたいのであれば、ビリガープレミアムという銘柄もお勧めで、300円程度です。シガリロなどだと、アルカポネポケットが人気で400円位です。

コーイーバーブランドのコイーバシガレットも人気が高く、値段は500円位になっています。プレミアムシガーは、ピンからキリまでの値段となっていますが、キューバ国の トップブランドのロブストであっても5000円ほど出せば購入が可能で、コイーバやダビドフのコロナであれば、3000円を切った商品もあります。そして、モンテクリストの商品は、1000円から2000円の価格で、商品がとても多いのが特徴です。

初めての葉巻選び

ポイント

初めて葉巻を選ぶ際には、身近な人が葉巻を愛用している人がいるのであれば、 その人に自分の好みを伝え、選んでもらうと安心です。それでも、葉巻を初めて買う時の 衝撃はとても大きく、値段が高い、と感じることでしょう。しかし葉巻とは、それだけの 価値のある嗜好品なのです。

自分の好みの葉巻を探す
葉巻セット

もし、相談する相手がいないのであれば、少し大変ですが手探りで、自分の好みの葉巻を探すしかありませんが、 それも、1つの楽しみになりますよね。ですが、葉巻選びは慎重に行わなくてはなりません。サイズ的には、 ハーフコロナからコロナ程度が、熟練せずとも吸いやすいサイズであるといえます。ですが、はじめから 極端に太いものや、長い物に挑戦することは避けましょう。葉巻の初心者にとってはかなり使いずらく、吸いにくいので 苦労するだけなのです。

葉巻の初心者の基礎的知識