葉巻の副流煙について理解し非喫煙者の対応を学びましょう

サイトマップ

ETS、副流煙からの受動喫煙のリスクと発がん性物質の濃さなどに関して

葉巻の煙が及ぼす非喫煙者へのリスク

二次喫煙や、受動喫煙

葉巻を吸っている本人は、美味しく喫煙する事が出来ているので、問題はないかもしれませんが、あなたの周りには 非喫煙者が紛れているのではないでしょうか。非喫煙者に及ぼしてしまうリスクをご説明致します。ここでご説明 する事を、きちんと理解した上で葉巻の喫煙を行うようにしましょう。まず、ETSと呼ばれる副流煙についてです。 これは、二次喫煙や、受動喫煙とも呼ばれる事が多くあるのですが、火のついた葉巻や、紙巻煙草から立ち上って いる煙のことを表しています。吸ってはいた煙ではありません。

発がん性物質の濃度は、葉巻の方が高い

まず、葉巻や紙巻煙草の副流煙には、一酸化炭素、ニコチン、シアン化水素、アンモニアといった人間にとって、 とても有害な物質と刺激物が混合しています。そして、ベンゼン、ニトロソアミン、塩化ビニル、ヒ素、炭化水素と いったとても多くの発がん性物質が含まれている事を、ここで理解して頂きたいと思います。そして、葉巻は、 紙巻煙草よりも大量の煙草から作成されているので、葉巻の方が大量の副流煙を起こしてしまうのです。ですが、 葉巻と紙巻煙草は、製造の方法が違うので、煙は少し異なった点があります。

葉巻は長い時間熟成され、発行するための加工をするため、その間に発がん性物質が濃縮されてしまうのです。 なので、葉巻を吸うと濃縮された発がん性物質が放出してしまいます。更に、葉巻の外側は紙巻煙草のように 多孔質ではないので、紙巻煙草のように完璧な燃焼をすることは不可能です。なので、紙巻煙草と比べると毒素と 発がん性物質の濃度は、葉巻の方が高いという事がわかってもらえたかと思います。体への影響を考えると 葉巻はダントツで悪いのです。

発がん性物質

ポイント

更に、紙巻煙草と比較すると、とても大きなサイズとなっているので、喫煙する時間が長くなる葉巻は、 とても多くの一酸化炭素、炭化水素、アンモニア、カドミウムといった、先にご紹介した有害物質以外にも、 非喫煙者にリスクを押さえてしまう事になります。例を挙げれば、葉巻パーティーや葉巻の晩餐会の室内での、 一酸化炭素の測定を行うと濃度は滞在したカリフォルニアの高速道路で測定される、一酸化炭素の濃度と同様の レベルのものが県室されました。

リスクを避ける為にマスクなどの着用を
木箱の葉巻

万が一、このようなイベントに非喫煙者が参加してしまったら、がんと同時に心疾患や、肺疾患のリスクを増や さざる負えない環境にいるという事になります。葉巻を吸わないのであれば、このようなパーティーやイベントには、 足を運ばない事がもちろんベストです。どうしても商談などで、行かなければならないのであれば、リスクを避ける 為にマスクなどの着用をした方が効果的かもしれません。ですが、一酸化炭素が高くなっているので、少し息苦しい 事を覚悟した上で、行ってください。

葉巻の初心者の基礎的知識