煙によって異なるリスクを理解しておきましょう

サイトマップ

葉巻の煙の種類による健康への被害と現在のがんなどの発生傾向

健康のリスクと葉巻喫煙者の傾向

葉巻を喫煙するリスクは、煙によって異なる

葉巻を喫煙する際に、起こってしまう健康面でのリスクについてご説明致します、まず、口腔に関するがん、喉頭、 肺、食道がんに葉巻喫煙が関係しているという実例があります。発がん性があるといえる根拠には、葉巻を喫煙すると、 すい臓がんの可能性も出てくるのです。そして、日常的に葉巻を喫煙している人は、かなり強く吸い込んでしまう 傾向が見られます。そういった方は、心疾患や肺疾患のリスクがとても高まってしまいます。更に、紙巻煙草を 喫煙している人と同様に、葉巻を喫煙するリスクは、煙によって異なってきます。

葉巻喫煙者の現在の傾向

例を挙げれば、1日に1本から2本程度の葉巻を喫煙する人は、口腔や食道がんのリスクが2倍になってしまうのです。 そして、1日に3本から4本の葉巻を吸っている人は、非喫煙者と比較して口腔がんの発症率が8倍にまで跳ね上がり、 食道がんを発症してしまうリスクは4倍になってしまいます。葉巻と紙巻煙草を喫煙している人は、口腔や、咽頭、 食堂といったがんと同様の発症リスクが伴っています。そして、日常的にではなく気が向いたときに、葉巻を 喫煙する人のリスクは約3/4まで下がっていますが、明確なリスクは未だ証明されていません。

葉巻喫煙者の現在の傾向をご紹介致します。まず、過去数十年と異なった点についてです。 1973年から1993の間に、葉巻の需要は66%まで減少してしまいましたが、1993年が過ぎると50%もの消費量が 増えました。1990年頃の葉巻の症昼用は、葉巻界でのプロモーション活動が行われた事が、増加した理由では ないかと考えられます。


年代によって異なる葉巻の傾向

ポイント

先にご紹介したのは、数十年の比較でしたが、現在の葉巻喫煙者の傾向をご説明したいと思います。まず、 葉巻を吸っている人は、とても高い学歴と収入を得て、裕福な暮らしをしている、35歳から65歳の男性に とても多い傾向があります。そして、最近の研究の中で、新たなデータを出す事に成功しました。最近の新しい 葉巻喫煙者の中には、時々ではなく、毎日喫煙する18歳から24歳の若者たちが増えてきたということです。 葉巻と言えば、中年以降の人たちが吸うイメージが強いのですが、この研究では若い世代でも葉巻が流行って いることが明らかになったのです。

とても高い喫煙率がある
包装された葉巻

1990年と1996年に行われた実験で、カリフォルニア州の成人に対する調査では、葉巻を吸っている女性は5倍まで 増えていて、同様に青年期の女性が多く吸っているという結果を出す事に成功しました。そして、数多くある 調査では、10代のみではなく、思春期の子供であっても、とても高い喫煙率があるという検証結果が出ています。 ですが、先にご紹介した35歳から64歳の間で葉巻が愛されていると良いましたが、現在では、青年期の喫煙が 増える中で65際以上の男性が葉巻を吸っているという値は、1992根にこう著しく下がり続けているという傾向が あるのです。

葉巻の初心者の基礎的知識