葉巻と煙草の吸い方の違いを理解しましょう

サイトマップ

葉巻の体へどんな害をもたらすか。ニコチンがどのように吸収されるかなど

葉巻は害が少ない?

葉巻は煙草と異なり肺まで吸い込まない

まず、始めに葉巻とは、“紳士の嗜み”や“ダンディーな大人”という、とても格好いいイメージが持たれる事が多いですよね。また、葉巻は、どことなくタバコよりも、ニコチンの悪影響が少ないようなイメージを持っていませんか?「以前は、煙草を吸っていたけど肺に入れない葉巻に変えたから、健康面で心配はないよ」と口にしている人を見た事があります。私は、思いました。それは大きな間違いだと。まず、葉巻は煙草と異なっていて、肺まで吸い込まないという点は間違っていません。ですが、ここで安心してはダメです。

葉巻は口の中で吸収してしまう

葉巻は、口の中でニコチンが吸収されてしまうのです。なので、ニコチン濃度や、煙草の害に比べ ても何ら変わりはないのです。煙草や紙巻煙草など、吸い込むものは喉や、肺に入れる事によってニコ チンの吸収を促すのですが、葉巻は口の中で吸収してしまうので、その必要はありません。 言葉を変えると、そのままダイレクトに体に吸収されてしまうのです。

そして、葉巻は肺に煙を送り込まないので、発がん性が低いというメリットがどん どんと広まっていますが、先にご紹介した口の中で吸収する事や、鼻膣の粘膜を通してニコチ ンを吸収してしまうので、現在の研究では、煙草同様にこれといった差はないといわれているのです 。そして、葉巻を吸う行動も、煙草と同様で、ニコチン依存の症状が出ているからこそであり、同 様に心血管疾患、呼吸器疾患、上部消化管がんといった、肺がんを発症するパーセンテージは上が っていっているのです。葉巻はタバコよりも当然ニコチンが強いので、肺に煙を入れないとはいえ、 ニコチン中毒になる率は遥かに高いのです。

害を理解した喫煙

ポイント

愛知の新聞に取り上げられた、ある医者の一言をご紹介致します。「法律で禁止されていない現在で、 紙巻きたばこと葉巻を楽しむのは、結構な事ですが、あなたはニコチン依存症となっていて、健康面ではガタ崩れです。 受動禁煙を起こしてしまっているという事を、きちんと理解しなければならない。」 これを読んで、葉巻を吸おうと思っている人、または、吸っている人はどのように感じますか?

副流煙などの問題
副流煙

葉巻という形であっても、ニコチンは人を依存症にさせてしまうものだという事が理解して頂けたでしょうか。 これを理解した上で、葉巻の喫煙をした方がよいでしょう。それ以外にも、葉巻を吸っている本人はよいのですが、 周りにいる、大切な家族や他人にも、健康への影響を与えてしまい、一時期メディアに報道され続けた、副流煙などの 問題が出てくる事をきちんと覚えておかなければなりません。そして、葉巻は、“害が少ない物”という認識を している人は、先の通り、煙草よりも、ニコチンの摂取量が多く、依存性も高い物であることをしっかりと理解した上で マナーを守って喫煙しましょう。大人の嗜好品ですので、デメリットもしっかりと知った上で自己責任で 葉巻を吸うようにしましょうね。

葉巻の初心者の基礎的知識