様々な種類の葉巻を知ってもっと楽しみましょう

サイトマップ

タバコの姿巻きから紙巻の上から葉っぱを巻いただけのような幅広い定義と種類のある葉巻

葉巻の定義と種類

外側に葉っぱが巻いてあるシガー

葉巻についてご説明致します。基本的な定義としては、“外側に葉っぱが巻いてあるシガー”と考えてもらって 問題ないと思います。そして、高品質のものは“煙草の姿巻き”のような形になっているのですが、“紙で葉っぱを 巻いた”という少し雑なデザインのものもあるのです。まず、構造としては、バインダーとフィラーで中の葉っぱ を包んで、外側からラッパーという紙で巻くことによって、煙草のような形状にする事が可能となっているのです。 そして、フィラー用の葉っぱは、生えている場所よりも、上の葉っぱLIGEROや、中間葉SECO、下層葉VOLADOという タイプに分けられるのです。

柔らかい紙を使っているのが一般的

そして、安い物だと、バインダーの部分に紙と煙草の混合シートを使って、フィラーは紙巻き煙草のような柔らかい紙を使っているのが一般的です。そして、手巻きの葉巻は、大体が機械巻きとなっていて吸い口も初めからカットされた状態で販売されているものが多くあります。ドライシガーは、大体が先にご紹介した形状になっている事を知っておきましょう。そして、品質が良いものとなると、バインダーには煙草の葉のみを使用していて、フィラーも細かく刻まれていないロングフィラーの形状になります。


ドライシガーはプレミアムシガーとも呼ばれています。 更に、プレミアムシガーとドライシガーの中間の存在となっているプリトスという種類があります。元来はプレミアムシガーの余った葉っぱで作成されたのがドライシガーだっだそうです。ですが、余った葉っぱなので、ショートフィラーとなり、バインダーやラッパーとして商品化されなかった葉っぱを使用するので、多少小さいサイズになるそうです。


明確な基準が決まっていない

ポイント

番外として、紙巻きと同様のサイズの小さい葉巻のことをシガリロと呼んでいる事を、覚えておきましょう。 紙巻きの2から10倍程度の値段で購入できるものが多くあります。シガリロにフィルターを付けただけの リトルシガーというものもあります。実際に、ミニシガーやリトルシガーの呼び方は、決定しているわけではなく、 人や地域によって変わっているといわれています。

基本的に巻き紙はライスペーパー状か煙草シート
多数の葉巻

シガリロとシガーの中間的なサイズなどは、決まっておらず、クラブ、ハーフコロナ、ペティロブストといった ロブストは、より短く太さは同じくらいとなっています。 リトルシガーには、ラッパーが存在していないものもあり、見た感じ葉巻と区別をつける事が難しいのですが、 基本的には巻き紙がライスペーパー状か、煙草シートになっているかで判断するしかありません。 そして、原料にどれほどの煙草の葉が入ると煙草シートの扱いとなるのかの基準は未だに明確ではないのです。 タバコと葉巻の区別に関する明確な基準がない、というのは不思議かもしれませんが、実際、今の段階では 不明確なのです。

葉巻の初心者の基礎的知識